タータンとは多色の糸で綾織りにした格子柄の織物

タータンは16世紀から17世紀ごろにハイランド地方の衣装として定着。
スコットランド、特にハイランド地方の民族文化と強く結びついており、民族衣装であるキルトは通常、タータンによって仕立てられる。北米ではプラッド (plaid) と呼ばれることも多い。
1746年にハイランドを中心とした反乱が鎮圧されると、政府はタータンの着用を法律により禁止した。この法は1782年に撤廃されたが、その頃にはハイランドではタータンはすたれつつあったが18世紀末から19世紀にかけてロマン主義者がハイランドの歴史と文化を喧伝し、美化された「高貴な未開人」のイメージを広めたことでハイランド・ブームが起こった。さらにジョージ4世のエディンバラ訪問式典では全員にタータンの着用を義務付けたことで、タータンは復活を遂げた。